FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠方見聞録4

4日に青春18きっぷで旅行してきました。
(4日目の切符は写真とるのわすれました。)
***→橋本→茅ヶ崎→沼津→静岡→浜松→豊橋→大嵐
大嵐→田本
田本→唐笠
(画像超多いです。)
この日は朝ずっと寝そうになっていた・・
二度寝しそうになったときハッと気付いたから良かった・・
これで二度寝してたら全てが台無しです。
今回もおなじみ始発でいきます。
日の出が早くなってきたんだなぁと感じられ
401.jpg

橋本から豊橋までは遠方見聞録1で書いたので詳しくはそちらを参照。
遠方見聞録1の根府川で撮った写真の逆側です。素敵な町並み
402.jpg

沼津で乗り換え。通勤ラッシュと重なっているので人が多い。
403.jpg

はい、一気に豊橋まで飛ばしました。
404.jpg
405.jpg

これが今回の主役、飯田線です。極端に少ない2両編成。
406.jpg

乗るやいなや早速こんな風景に
407.jpg
409.jpg

どどど、どう○いちゃうわ!
410.png

どんどん奥へと進んでいきます
411.jpg
412.jpg
413.jpg
414.jpg
415.jpg

佐久間発電所
416.jpg

いかにも日本って感じですね
417.jpg
418.jpg
419.jpg

水窪の中心街が見えてきた
420.jpg


421.jpg

水窪の中心街(遠方見聞録5で訪れます)
422.jpg

水窪をすぎて飯田線で1番長い大原トンネルを抜けると今日の最初の目的地、大嵐駅に着きます。
423.jpg

電車がトンネルに吸い込まれてゆく
424.jpg

駅前の看板
425.jpg
426.jpg

大嵐についてまず最初に目指すのは悪名高き静岡険道288号大嵐佐久間線です!
まあこの時点で既に288号上ですが本当の目的地はこの先にある廃道区域です。
道の先にはトンネルが見えていますがこのトンネルは旧線のトンネルを道路に転用した物です。
429.jpg

右に見えるのが旧大嵐駅のホーム
428.jpg

今回は佐久間湖に沈む飯田線旧線のトンネル郡を見るのも目的の1つでした。
で、佐久間湖に沈むという訳で肝心なのは佐久間湖の水位です。
水位が低ければ低いほど多くのトンネル郡を見ることができるけど今回は・・
427.jpg
多すぎる!!!!!
これはちょっと前にあった低気圧の大雨のせいです。クソが!!!!
この時点でもう魅力半減ですが大嵐の魅力はそれだけではない!気を取り直して廃道区間に向かいます。

廃道区間に向かうまでも魅力は十分あります。
まずはこのトンネル。夏焼第一隧道(旧称:栃ヶ岳隧道)
天井がかなり高くトンネル内は壁が凸凹していて少し不気味
フラッシュたいたから明るいけどこのトンネルは本来照明もなく真っ暗です。
430.jpg

でも夏焼第一隧道はそんなに長くはないのですんなり抜けてしまいました。
問題は一部で有名なこの夏焼第二隧道(旧称:夏焼隧道)です。
何とこのトンネルは1キロ以上もある長いトンネル。これをずっと徒歩で抜けます。
もちろんトンネル内なので景色は全く変わりません。これは辛い。
431.jpg
ちなみに夏焼第一隧道と夏焼第二隧道の間には昔(旧線時代)栃ヶ沢という沢があったようですが今は沢ごと埋められています。

いざトンネルに入る。出口が見えねぇ!
432.jpg

内部は荒々しい堀跡が残っている場所も多く、ここにはなぜか穴が開いていました。
433.jpg
この穴に入ったという記録はググれば出てきますがこんな暗い中良く入ったなと思います。

トンネルはまだまだ続く。1キロは長い。
子供の頃来てたらかなりの恐怖を覚えていたと思います。
実際、地元ではこのトンネルは幽霊トンネルと呼ばれているらしい・・
434.jpg

道には5㍍感覚で入り口からの距離が書いてあります。
これだけが自分が出口に向かって進んでいると実感できる唯一の物で、これがなかったらずっとトンネルの中を歩いている錯覚に陥りそう。
435.jpg

10分ほど歩くと出口が見えてきました。
10分歩きっぱなしがこんなにきついとは
いつもはそう感じないけど辛いと感じるのは景色が変わらないからだろう
436.jpg

やっと出口!!
437.jpg

トンネルを出ると湖面!かなり高くまできている模様。
438.jpg

トンネルの出口にはこんな看板もあった。
439.jpg
ここまで水が上がってきたことは過去に1度しかないらしいのでまず大丈夫でしょうが・・

そして廃道区間の入り口にやってきました!
通行止の標識が2つあったりと厳重に注意されています。
440.jpg
汚れが凄い
441.jpg

ガードレールを越えるともうこんな状態。
442.jpg

でもここはそっち系では有名で訪れる人も多いらしく、道ははっきりとわかります。
443.jpg

ここら辺は中央構造体が通っていて地盤がもろく落石が多々ある。
廃道になった理由のひとつです。
444.jpg

廃車。自家用と書いてあるけど表記が用家自なのでかなり前の物だろう
445.jpg

この道が数十年前まで使われていたというのだから驚き
数十年と言ってもかなり前から封鎖されていたみたいだけど。
ガードレールは始めこそあったもののここまで来ると既になく、落ちたら天竜川へ即ドボン。
446.jpg
この道が廃道になった理由の1つに実際に車が川に落ちて運転手が死亡したという事件があったからというのがあります。
多分これがこの道が廃道になったの最も大きな理由。

なんか倉庫がありました。既に使われなくなってから何十年も経っているようす
447.jpg

道はこんな状態。
448.jpg

そして暫く行くと・・・
449.jpg

崩落

これは廃道の中でも比較的ましな方らしく、この崩落を越えていっている足跡もあります。自分も越えようとしたけど・・・
450.jpg
やはりこういうのは慣れていなくてここで足が止まってしまった。
雨の後というのもあって滑りやすそうだし。湖面がもう少し低いと下からのアプローチもできたかもしれないけどこれだと下からは無理だし・・・
451.jpg

下を覗くとこんな感じ。落ちたらドボン。
452.jpg
453.jpg

命が惜しいだの君は諦めました!意気地無し!
元来た道を帰ります。
454.jpg
(この先にいったというレポートはググると出てくるので気になる方は調べてみてください。)

それにしてもものすごい山間。
455.jpg

次に目指すのは第二夏焼隧道の上の山の斜面にある夏焼集落。
なんかここからすごい登りそうだな・・・
456.jpg
大嵐駅は静岡県にありますが利用客のほとんどは天竜川を挟んだ対岸の愛知県豊根村富山地区の方々です。
静岡川で大嵐駅を利用する方はこの夏焼集落の人以外にはいません。
つまり夏焼第一・第二隧道は今は夏焼集落のためにあるトンネルと言うことです。

元来た道を帰る
457.jpg

深緑
458.jpg
459.jpg

途中立っていた看板
錆びすぎて全く読めない
460.jpg

山!!!!!!
461.jpg

河原?に降りれたよ
462.jpg

やはりトンネルらしき物は見えない。合掌。
463.jpg

一般県道
464.jpg

夏焼集落方面の道へ
465.jpg

ここまでゴミ収集車が来てるのか・・
466.jpg

またも廃車。ここら辺は廃車が多いらしい。
467.jpg

かと思えば普通に使われている車
ここが夏焼集落の駐車場
468.jpg

ここからは車も入れない道。
けっこうすぐ車が入れなくなったなぁ
469.jpg

左に竹林。右には荷物を運ぶためのモノレール
470.jpg

モノレールの起点。僕もモノレール乗って上までいきたい。
471.jpg

対岸の県道1号飯田富山佐久間線
この道ですら険道と言われるらしい
472.jpg

夏焼集落へ向かう道中。
http://photosynth.net/view.aspx?cid=07954983-a3f9-4b47-9fd5-994d88c65e5b

急勾配な坂を登る
473.jpg

水がばっちい。大雨の後だからだろうけどいつもはもっときれいなんだろうか
474.jpg

暫く階段を上ると遂に夏焼集落に到着!!
475.jpg

ものすごく眺めがよさそう。そして日当たりもよさそう。
476.jpg

実際すごく見晴らしの良い景色
477.jpg

動画も撮りました。


モノレールの終点のひとつがありました。あれに物をのっけて運ぶみたいです
478.jpg

更に上へ
479.jpg
480.jpg

モノレールスゲェ
481.jpg

姨捨といいこういう景色が窓からいつでも見られるのにあこがれます。
482.jpg

集落の上部には小さな神社もありました。
483.jpg

ここまで来たはいいが降りるのはちょっとこわい。登るのは比較的楽。
484.jpg

ここに来たとき実際に夏焼集落の住民を見かけましたがここに住むのは2世帯くらいらしいです。
廃村にだけにはなって欲しくない。
485.jpg

本当はもっといろいろ廻りたかったけど時間もないので帰ります。
486.jpg

途中、県道288号がみえた。
487.jpg

戻ってきたぞ・・このトンネルに・・
またはいるとなるとかなり気が重い
488.jpg

足取り早くしてトンネルを抜ける。埋め立てられた栃ヶ沢から夏焼第一隧道を見る
489.jpg

大嵐駅まで戻ってきました。
490.jpg

大嵐駅は東京駅を模した外見にしたらしい
491.jpg

無駄にInternationalizationされた看板
492.jpg

この看板を見ると、1つおかしいところに気付く。
なんで水窪市街の矢印が反対方向なんだ。
493.jpg
でもこれはじつはおかしくない。
ここから水窪まで、電車なら10分かそこらで着くが、車だとかなりの回り道をして2時間かけなきゃ水窪に行けないらしい。
電車って便利!!(只、本数が少ないのが玉に瑕だが)

大嵐と富山を結ぶ重要な橋、鷹巣橋
494.jpg

かなりしっかりとした作りになっている
495.jpg

立派
496.jpg

鷹巣橋からの眺め
http://photosynth.net/view.aspx?cid=f536d4cd-2bbf-4d86-b558-fc075cd0df88

橋を渡ると愛知県北設楽郡豊根村富山に入る。
そういえばさっきまでいた大嵐の住所は静岡県浜松市天竜区水窪町奥領家の大嵐地区。
天竜区全部併せて3万人程度の人口なのに無理矢理合併する必要があったのだろうか・・・
497.jpg

やはりこっちでもいろいろと問題が起きているらしい。
ここらの道路の管理は大変そうだ・・・
498.jpg

徒歩で行く
499.jpg

ここら辺は天竜奥三河国定公園らしい
500.jpg

暫く行くと川上集落。
富山地区の中では最も大嵐駅に近い集落。
現在の富山の中心からは少しだけ離れているが歩いて行ける距離。
502.jpg

やま
503.jpg

自衛官募集を強く訴える看板
504.jpg

もう少し歩くと富山の中心が見えてきた
505.jpg

斜面に広がる畑
506.jpg

富山の中心に着いたー
507.jpg

メインストリート
508.jpg
510.jpg

親切な案内図。わかりやすいけどこのときは見ている時間がなかった。
509.jpg

中心の一部、市原と市原下。一番上にあるでかい建物は小中学校
511.jpg

富山地区唯一の信号大谷下。
信号になれるために故意に設置したらしい。
512.jpg
この信号いつまでも青だなーとおもってたらボタン式だった。

大沢橋を渡る
513.jpg

飽和気味の山
514.jpg

学校すげえところにあるな
515.jpg

中心部の一部大谷、大谷下、中野甲、下栃
ここらへんは字(あざな)が細かい
516.jpg

至佐久間
517.jpg

シャイニンxシャイニンーーーーー!!!!
518.jpg

富山中心部全景
http://photosynth.net/view.aspx?cid=a7e4e68b-25e9-42da-a228-5e227d61a508

さてそろそろ帰るか
519.jpg

概ね晴れ
520.jpg

帰り道の途中橋からなんか突き出した階段を発見!
521.jpg

早速いってみることに。
大嵐を訪れたレポートの中では知名度はかなり低い方だったけどしっかりと踏み後がある
522.jpg

どんどん下る
523.jpg

コンクリの階段
524.jpg

これ以上先は行き止まりだった
水位が低かったらもっと行けたんだろうなクソ
525.jpg

先の階段は水に沈く
526.jpg

間近にみる水面
527.jpg

鷹巣橋
528.jpg

どうやらここは旧大嵐駅に通ずる階段だったらしい
http://photosynth.net/view.aspx?cid=1ac175af-2b51-45ff-bc30-1519e89907a5

そろそろ帰る
529.jpg
530.jpg

大嵐駅の中にはいろいろとあった
531.jpg
532.jpg

ちょうど電車が来たのでのる。
トンネルの中から顔を出してくる電車はおもしろかった
534.jpg

大嵐の地図(クリックで拡大)
ozore_20120411024242.png

途中の景色
飯田線の車窓、特に本長篠~天竜峡の車窓は凄くきれい
535.jpg

SUN
536.jpg

こうして次の目的地、田本駅に到着。ホームが狭い!
ここで列車通過とか怖そうだ。
537.jpg

出口は田本第二隧道側に1つだけ 昔は別のもあったらしい。
538.jpg

階段を上る
539.jpg

田本第二隧道上、ここが有名な撮影スポット
540.jpg

道を行くと二手に分かれていた。
上が泰阜村田本方面。下が阿南町北條字川田方面。
541.jpg

まずは上を選んで駅名の由来になった田本を目指す。
542.jpg

駅から出るとこんな道しかない。本当に秘境の駅。
駅から直線距離では集落に近いが集落と駅の高低差は200メートル。
その200メートルを登るにはこの道を通らなければ行けない。
543.jpg

あ・・・ありのまま今起こったことを話すぜ!
俺は田本に向かっていると思ったらいつのまにか登山をしていた・・・
な・・・ 何を言ってるのか(ry
544.jpg

ずいぶんと高く迄登ったものだ
545.jpg
547.jpg

途中からこんな道も出現!
546.jpg
548.jpg

ひたすら登る!登る!登る!
549.jpg

お・・・これは・・・!
550.jpg


キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

551.jpg

あとすこし!
552.jpg

GOOOOOOOOOOOL!!!!!!!!!!
553.jpg

あー疲れた・・もう喉がカラッカラ!!!と思っていたら・・

キェェェェェェアァァァァァァジハンキィィィィィィィ!!!
554.jpg

いやーこの自販機を設置した人は本当にいい場所に設置しましたねー
絶対商売上手ですよ。客のニーズをよくわかってらっしゃる。すばらしい。
554.jpg

200メートル上にはこんな景色が広がっていた
555.jpg
556.jpg

さあ清涼飲料水を購入してまた200メートル下の田本駅へ!(正確に言えばさっきの分岐点へ!)
557.jpg

少し日が暮れてきたな・・
558.jpg

ひたすら下って・・
559.jpg

さっきの分岐点に到着。次は下を目指します。

こっちは柵があり良心的
560.jpg

上の道と比べてもずいぶん歩きやすい
561.jpg

でも柵があったのも案の定最初だけだった
563.jpg

竹林を行く
564.jpg

暫く歩くと橋が見えた。これが対岸の川田に架かる橋か
565.jpg

なんか想像してたのよりたいしたことないなと思ってたら
566.jpg

向こうにこれより大きい橋が見え、これが竜田橋とは別の橋ということがわかった。
この橋は市場沢橋という橋らしい。
567.jpg

橋を渡ると竜田橋へ向かう坂道
坂道と言っても上の道と比べれば比じゃない。
568.jpg

竜田橋に到着
分岐点から10分足らずで行けた。
569.jpg

天竜川
570.jpg

橋渡ってるとき気付いたけど飯田線の一部が見えていた
571.jpg

竜田橋からの景色
http://photosynth.net/view.aspx?cid=7624a880-c7f8-455d-b285-bef48f3534ce

この橋は歩道橋です。自動車**通行*****
572.jpg

川田の方から車がやってきたけど運転手はここで車を降りて橋を渡っていった。
田本駅を利用するのは田本の人より圧倒的に川田の人の方が多そうだ。
573.jpg

おそら
574.jpg

そろそろ電車が来るので帰る
575.jpg

えーっ!?これがウォーキングコースだってー!?
これがウォーキングコースだってー!?
576.jpg
上の道はどう見ても登山道です本当にありがとうございました。

田本駅。右は崖左は天竜川。
ものすごい立地。
577.jpg
579.jpg

申し分程度の待合室(?)
578.jpg

電車が来たからこっから今日の宿の最寄り駅唐笠へ。写真はその途中。
580.jpg
最寄り駅と言ってもそっから10キロ以上離れてるけどね

田本の地図(クリックで拡大)
tamoto.png

唐笠駅に着くと送迎の車が来ていてそれに乗って宿まで行きました。
いやー中身が濃かった。写真も1日で約180枚(ブログに載せる分の写真だけ)。
続きは遠方見聞録5に書きます。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


カウンター

最新記事

検索フォーム

プロフィール

だの(Dhanow)

Author:だの(Dhanow)
誕生日:1995年11月1日
性別:♂
趣味:ネット、音楽、アニメ、マンガ、旅行、写真、名字、地図、厨二

全記事表示リンク

メールフォーム

感想、要望などありましたらどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

Powered By だの


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。